理珠(りじゅ)の部屋へようこそ

MI-5 S3 第10話 さらば友よ

ロンドンで“毒ガス・サリン計画”が発覚、MI5が捜査に当たる。だがMI5エージェント“バタフライ”の裏切りで、アダムの要請で捜査していたフィオナとダニーがアフメトが率いるイラク人テロ組織に捕まり監禁されてしまう。 Huluより

ある朝 アダムの家 フィオナがとアダムと仲良く話している
黒い一台の車には1組の男女が乗って アダムの家の盗聴をしている スパイだよ その辺の用心は?という突っ込みは無視でいきます^^

5課ではこのテロ計画の情報で 早速作戦会議に

所でルースは アダムにこそこそ聞いている
ねえ!フィオナの誕生日のプレゼントは? ルースは気になるんですね イベントは見過ごせない?
アダムはうんざりした様子で一大イベントなんだ そんな事聞くなよって態度ありあり 苦笑 でもルースはめげない これぞシニアチームね 笑
そこへハリーも参戦 「ベルギー産の最高級チョコレートが良い」 アダム言葉に詰まってしまう 瀑
ま ハリーは通りがかりに耳にして口を挟んだんだけど^^いや 割り込みたかった?

次の朝 アダムはダマスカスの二人の思い出のモスクで手に入れた銀のブローチを洒落た陶器の小箱に入れて渡すのだ 

フィオナのエージェントの『バタフライ』からの情報でテロ組織の会議が行われると言う家にダ二ーとフィオナは向かうが 会議まで1時間は大丈夫なはずが待ち構えていたイラクのテロ組織に捕まってしまった
そしてバタフライが裏切った挙げ句にテロ組織に始末された事を知らされるのだ

フィオナはビデオの前で 「イギリスの首相がイラクから軍隊を即時撤退させなければ私と同僚は生きたまま焼かれる」と言うメッセージを読み上げさせられる
b0274836_1524037.jpg

ゾーイの後任として5課に転任したフィオナ(アダムの妻で6課にいた)とダニーはチームとして息があって来た所だった(アダム談)





b0274836_1542653.jpg

Mr.カーター Mr.ハリーと ザフ登場 アダムはMr.ユーニスって応じてたけど 先輩風だった

ザフは北アフリカのテロ組織の情報を持っていてその報告に来たんです
日本語字幕ではザファーとなっていますが ザフのほうが書きやすいからこのままにします
ザフの分析ではモロッコのテロ組織が来ているが 爆弾を使うやり方でサリンは使わないだろうと 
モロッコの他の組織もサリンと関わった事はないと言う報告だ このまま手伝って欲しいと言うアダムにボスの許可が下りたらとザフ にやりとしたハリーはハンリーには貸しがあると言うのだ

フィオナはアダムを呼び出す電話をするように言われ、夫を騙す事は許さないと言うのですが テロ犯人は息子の事まで調べていて夫か子供か選べと言うが それなら・・・・と言いかけるフィオナに ダニーが電話しろ 分かってくれるとダニー 
学校の前のウェズが映るのね フィオナがウェズを抱きしめてキスして見送る映像
この選択・・・・観ているこちらまで辛くなりました(T T)

b0274836_1633570.jpg

フィオナはアダムに嘘の電話をします。
フィオナが『指定した』待ち合わせ場所のサウスバンクのNFTカフェで待つアダムの前にテロ犯の一味の女が現れ 電話で妻とダニーが人質になっている事を知らされる
女はアダムに 少しでも怪しい動きがあると人質は殺されると言う
グリッドに電話しないと怪しまれると言ってアダムは何とか電話をするが・・・・・
ルースにまた誕生日のプレゼントを聞かれて 「君が言っていたベルギー産のチョコレートを上げた とても喜んでいた」と伝えると ルースはおかしいと感づくのだ
早速ハリーに『それで誕生日のプレゼントですが アダムは私が薦めたチョコレートを上げたと言います 私が薦めたのだとハリーは言いますが そうですが アダムは絶対に誕生日にフィオナにチョコレートは贈らない 変ですと言うんですね
それで フィオナとダニーの携帯は不通 アダムの携帯の通信を辿った結果怪しい女と一緒にいる所が監視カメラで写っているのが分かったんです
ザフ出番です!
何をすると言うハリーに「ピアースさん僕の売りです アジア系はスパイに見えない」と言うのです
ハリーが 「ハリーと呼べ」なんていい感じの会話も

早速ザフがスタッフを連れて現場に直行 アンケート調査に見せかけて追跡装置と隠しマイクを渡すんです
女を拘束しろと言うハリーに アダムは二人が殺されると断固拒否します

カテーラと言うテロ犯の一味の女は アメリカの爆弾で家族を皆殺されてその復讐心からこの役を引き受けているんですね 初めは冷たい顔でアダムとボスのテロ犯人の連絡をするだけだったのが
アダムが色々と家族の事等話して(懐柔策)いくうちに 少し変化が見えてくるんです

一方 フィオナとダニーは逃亡しようと行動するのですが 誕生日プレゼントの銀のブローチで手錠を開けます、プレゼントがこんな所で役立つなんてねえ!
表に出た所でフィオナに拳銃を突きつけられて 連れ戻される事になります

フィオナのビデオテープが送られて来て ハリーは保安情報調査官のファースにこれを見せるのですて 首相の出席を取りやめるよう進言するのだが 政府は要求を飲めんと却下 テロに屈する事は出来ないと言う
引き延ばしで部下を守りたいと言うハリーに民間人ではないんだとファース(手は尽くすが) 苦しいですねここ


一方ホテルに移動したアダムに テロ犯人から二人は逃げようとしてこちらの見張りを殺したから報復する お前の妻と同僚のどちらかを殺すから選べと言う無茶苦茶な電話がか掛かって来ます
フィオナが泣きながら愛していると言います そしてこんな奴の言う事など聞かなくていいと言う
そこへダニーが割って入って 犯人をわざと挑発して ダニーが撃たれてしまいます!!!!冷たい銃声が一発響いて アダムは電話を取り落とし洗面所で泣きながらダニーに謝るのです
その瞬間グリッドも凍りついてしまいました
アダムは 何とか何とか無理矢理気を落ち着けますが・・・・・

追跡装置を置いてアダムは女と出ます 5課が女を拘束する事を畏れたのです 

だんだん分かって来た事は アダムたちを監視して アダムが妻を守る為にカテーラを同伴して市長公邸に向かう事を敵はちゃんと予測していたんですね 怖いです
市長公邸にアダムと一緒に入り込んだカテーラ テロ組織は彼女の身体に少量の爆弾と薬品を埋め込んで爆発のショックで薬品が毒ガス兵器になるようにしたんです  惨い・・・・・
カテーラが合図を送ったらアジトのテロ犯人のボスが起爆装置を押すと言うのだ 目的の為にはって言う事ね

後がないアダムは必死にカテーラを説得します 
世界一悪いのは実行犯ではなくテロを命じた奴らだ
カテーラはただ愛する家族を失った思いからこの計画に加わっていたのだ 「死にたくない」と絞り出すようにアダムに訴えるカテーラ

これを言わせるアダムが見事です アダムはふと頼りたくなる雰囲気があるのかなあ

愛する者を失う気持ちはアダムもカテーラも同じはず 罪無き人を巻き込むのはテロも戦争も一緒
そこで思いとどまる勇気を持って欲しいと
ダニーが撃たれる時に 立場が違えば俺がお前に銃を向けていたかもしれないと言いましたが
カテーラとアダムも同じだと感じたのではないでしょうか

危機一髪でテロは回避され ガソリンをかけられたフィオナも無事で保護されます
テロ犯人は今回も特殊部隊が!!!!!成敗!!!!!

そしてダニーが運び出されます ダニー・・・・フィオナをかばって・・・・
b0274836_18474457.jpg

ルースは涙に暮れながら ハリーはすぐ来るわ 私がついているからねと優しく語りかけます
以前ルースが捕まって助けられたときにダニーと交わした会話を思い出しているんでしょうね

こうして犠牲になるspooksたち 究極の自己犠牲です ダニーはMI-5のレギュラーの初めての犠牲者です・・・・
なんかねえ・・・・・ゾーイに再会も出来ず逝ったダニーが可哀想です
ゾーイも知る事はないでしょうね・・・・これが運命か・・・・

結局 根底にはアメリカのイラク戦争があるんです 救い様のない無力感 何処までいっても憎しみがついて回ります ここんとこはっきり書いときます (こう言う作りはアメリカはする?)

はあ 気を取り直してっと ルースの 「おかしい」は本当に「おかしい」のです 

ルースがノックしますね するとハリーは何か変だと言います 何故?君がノックしている
ええやんか!いつもノックしないのですよルースは でも彼女だけ怒られないのです はい二人の世界です

それでチョコレートの件で チョコレートをアダムは絶対にプレゼントしないと言って慌ててチョコレートを贈るのは間違っていないと言うルースがおかしいです ボスの意見ですからフォローしとかなくっては 汗 でも本当はハリーって結構気にする人だからって?^^
結局ルースの『お願い ハリー』に押し切られて 招集の電話をしろ 何も無かったら作戦の邪魔をした君をGCHQに送り返すぞと言うのですけど これ本気じゃないです 


最後のシーンで
ハリーはルースの泣き顔をまともに見られないのですね もうそれだけでどうして良いか分からなくなる?
別にハリーが泣かせた訳じゃないんですけどね〜〜〜〜〜
[PR]
by rijyu-m5 | 2012-10-17 19:20 | spooks | Comments(0)