理珠(りじゅ)の部屋へようこそ

第一容疑者

ヘレン・ミレンは私の好きな女優だ こんな方です

その彼女が主役の「第一容疑者」のジェーン・テニスン警視
第一容疑者
ANXミステリーで放送中 でも 諸々の理由で「裁かれるべき者」からしか観ていないのです 後悔は先に立たずです
「希望のかけら」で最終回です また再放送してくれるといいのですが当分なさそう・・・・

 
警察官=お巡りさんと言うポジションから始まった彼女の警官人生
就職した時期は若く可愛い新人さんが軽い違反事故なんか扱ってその内 恋愛して結婚して退職 そんなコースが一般的だった頃かな 男社会に置いて女は可愛く弱く守ってやらなければって感じ?
裏を返せば 男の縄張りには立ち入るなって所か

退職しないで警察で仕事をしていく彼女は肩肘はって男と張り合わなけりゃ仕方が無かった だって圧倒的に不利だったから 理由?女だから 悔しいよね 能力とか実力で負けるんなら納得はできるけど ただ女だからってことで爪弾きは????強気で行くしかない だからまた爪弾き
彼女のキャリアは闘いの連続でした 署内のお偉方 同僚 自分の部下たちとも
一歩一歩 闘って手に入れたのです 

能力を活かす場を与えられずにくすぶっていたジェーン・テニスンは、若い女性の絞殺事件の捜査を指揮していた同僚が心臓発作で倒れたことをきっかけに、殺人課の事件を引き継ぐことになる。しかし、引き継いだのも束の間、男性ばかりの捜査班のメンバー達から「女に捜査の指揮ができるわけがない」と露骨に不満を漏らされて、ことごとく対立してしまう。それでもテニスンは、男性に媚びることなく、持ち前の粘り強い捜査、見落としがちな捜査の盲点を見抜き、逆境にありながらも自身の姿勢を貫き通していく ANXより一部抜粋

以下ネタばれ有ります




『姿無き犯人』ではボスニア紛争から逃れて来た移民の姉妹が 惨い殺人の犠牲になります そしてその根は イギリスではなくボスニアの内戦にあります
テニスンがマイノリティの移民の女の子に向ける目がとても優しくて話しかける言葉がとても温かくて 笑顔が魅力的です

(このヨーロッパの紛争はついこの前だったのに もうすっかり記憶の外になってしまった私です)

それが傑作 MI-6かMI-5の捜査官がスコットランドヤードの偉い人立ち会いの元で テニスンにこの疑わしい人物を捜査するな 忘れてしまえと命令するんです
テニスンは何故と聞きますが 知る必要はないと冷たく言われます
証人保護プログラムでイギリス政府から守られているんです 守秘義務書にサインさせられるテニスン
こいつは自分を保護してもらう代わりに イスラム過激派を売っているんです

諜報課員はとても傲慢ですよ(つい5課とハリーを思い受かべた事を白状します 笑)

大を得る為なら小は見過ごすって奴ですよ 納得?出来る訳がないです

で テニスンは もう一人の実行犯に上手い事自白させるんです
イギリスは安全な国だと信じて逃げて来た姉妹の為にね それでイギリス人を殺害した事実を突き止め家に乗り込んで国外へ逃がす寸前で 諜報課員の目の前で逮捕するんです 守秘義務? 上司は怒りましたが・・・・イギリス人殺害の事実を諜報課の課員に言うんですよね 諜報課は何も言えませんでした この事実を諜報課はつかんでいなかったようです
前後編で4時間も有るので とても丁寧に作り込んであります
テニスンの私生活は・・・・孤独です 家庭無し 子供無し 目下恋人無し 
彼女はもう定年前 アルコールに頼りすぎる嫌いが有ります 

そそて「希望のかけら」で最終です
定年を一ヶ月後に控えたテニスン警視はこの事件を絶対に自分で解決したいと強く思っていますが
 
もう若くない自分 孤独 自分自身のアルコールの問題 父の死亡 冷たい現実が目の前に有ります
思わず彼女の背中を撫でたくなった私です 応援してるよ〜〜〜


アメリカでリメイク絶対に無理だと思ったわ021.gif 
[PR]
by rijyu-m5 | 2012-11-10 15:50 | 映画・ドラマ