理珠(りじゅ)の部屋へようこそ

S8 第5話 

MI-6時代の上司ジャック・コルヴィルから久しぶりに連絡を受けたロス。引退後、金に困っているという彼は、書きかけの回顧録を読んでほしいと彼女にファイルを託す。同じ頃、CIAのウォーカーに続いて、元CIA捜査官のブレイドン、さらに現役MI-5捜査官のウィンチコムが次々と不可解な死を遂げる。彼らの死に関連性はあるのか?楽天ShowTimeより引用

Huluと違ってShowTimeはシーズンパックか一話かいずれにせよ購入するシステムで 期限も迫りつつあるのです^^
とにかく書いておきます

CIAの監視塔でサラに投げ落とされて死亡したウォーカーの葬式でルーカスにぬけぬけと嘘をつくサラです
ウォーカーの口座には不振な振り込むが有ったとか 送信元は中国だとか 全て監視していて「私が掴んだ事実」をウォーカーに自白させ円満退職させるはずだったと 
本当はウォーカーに掴まれたサラの事実なんですけど 表向きは上司を失い更に裏切られていた事で「うちひしがれる」サラの嘘に騙されてしまうルーカスです

そんな時GCHQと極秘作戦にかかわっていたCIAエージェントのマイケル・ブレイドンが死亡 診断は心臓発作だが 彼の体内からはMI6が暗殺に使う薬品が検出された(CIA談)暗殺!こんな事さらっと話題になるんですよねえ!
またバルカン半島の言語の専門家でMI5のアレックス・ウィンチコムも殺害 殺害された彼らの共通点は3人がかつてバルカン半島で行われた英米合同の「ドングリ作戦」に関わっていたと言う事が判明しました ドングリ作戦!!大笑いしそうでした
ロズは CIAの話は噓くさいと睨んでいます ハリーもウォーカーの自殺は嘘だと思っています
「彼は私に電話をかけて来て会う約束をしていた」死ぬはずないやんか〜〜〜

MI-6時代のロズの上司がロズに連絡してくるんです 今は落ちぶれているので回顧録を書いて海外で出版するから君に読んで欲しいと言うのです

別れ際にロズが会えて良かったと上司ージャック・コルヴィルの肩に手を置くのです 
ロズのジャックに対する深い労りが感じられました
 
尊敬していた元上司が妙な回顧録を持って現れた しかも守秘義務より金が優先と言うのだ
ロズはきっとあっけに取られまた悲しい思いだっただろう



回顧録の内容などどうでも良かったのだ ジャックは出版する気など最初から無かった それに気がつくロズ
ロズの思った通り回顧録には ブルートゥースの通信を傍受再送信するコンボ・チップが仕掛けられ 機密情報を盗んでいたのだった

何の為に? そして三人は何故殺されたのか(ウォーカーも殺害されたと5課はふんでいる)ドングリ作戦に何か鍵は有るのか? 
「観ているほうとしては一人はサラの仕業と解っているからややこしいのよ」

有能で勇敢で革新的 まさに理想の上司です その彼が捜査官を殺している!信じられない思いのロズ ロズは6課のジャックにスカウトされ育てられたんですねえ 初めて知りました

やがてもう一名 ロジャー・メイナードのファイルにアクセスしていた事が解ります
サラに会って情報を探るルーカス

サラから早速仲間に指令が飛びます ジャックの標的だから彼を利用すると
完全に二つの事件が重なって進行中なんですね

メイナードの保護に向かうルーカス 殺害に向かうサラ ジャックも動く 三者の思惑が交差して行きます

b0274836_17451756.jpg

ここでもサラが早いのです ルーカスの来る前にメイナードを騙し 追って来たジャックに殺させます ルーカスが来たときはすでに遅し またまたサラの勝ち 歯がゆいねえ!
まだ息のあるメイナード ルーカスに言い残した言葉は ミーナ・バラノヴァでした

この時 サラにしたら 気が気ではなかったでしょう ルーカスが来る前に完全にメイナードを殺しておきたかったから 何を言われるか息をのんでいたと思います 

ミーナ・バラノヴァとは???
ここからが辛い話で
ミーナのファイルにアクセスして担当捜査官を探るジャック グリッドで監視しているロズが私の名前を入れろと指示 危険だと言うハリーにも耳を貸しません
君を狙うとは思えないと言うハリーに ロズは調べたらすぐ実行するのが彼のやり方だと言います
ロズはこの時どんな思いだったのでしょうか 絶対にジャックの本音を聞き出そうと決心したはずです


ロズと対峙したジャックは全てを告白します
b0274836_21575974.jpg


ジャックの情報源だったミーナは証人保護プログラムで名前も変え他の国で別人となって暮らしていたのだ
バラノフ(ミーナの兄)が逮捕されてそれで終わるはずが バラノフからより多くの情報を引き出そうとしてその見返りにミーナの居場所を要求されたマイケル・ブレイドンが教えてしまったのだ
あっという間に6課が探し出してその結果バラノフにミーナは惨たらしく殺されたのだった
その復讐だと
 
そしてジャックは言う『ミーナは私の全てだった 彼女が無事なら私も幸せだった』
一生会えなくてもどこかで幸せに暮らしているのであれば それで良かったのだ 男の純情だ
 
きっと別れ際のメッセージの後のハリーもそうだったはず あれで終わっとけば一番良かったよとまた愚痴吐き 笑

サインしたのは誰だと迫るジャックに復讐したいのであれば私にしたらいい これまで何度も苦渋の決断をして来たと言うのだが そう苦渋の決断 いつでもそうだ それが正しいと信じて・・・・ 
選んだその時その時 葛藤の中で選び取る決断
 
より大きな収穫の為には小さな犠牲は仕方がないのか 大勢の命と一人の命 
ここでもこのテーマが重くのしかかる 一貫したspooksのテーマだ

ジャックは自殺を選ぶ 

さてCIAのウォーカーの件
ウォーカ−が死亡した時サラが同じビルにいた事が解った
現場に近い中継塔に協力依頼して判明したのだ 監視カメラを切ったり CIA内の通話記録を削除しただけではすまないよ 
ルーカスにもしらばっくれて MI-5を甘く見すぎだよ メッキ思いっきりはがれるぞ

b0274836_2065046.jpg

いいシーンのはずが サラのせいでぶち壊し〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by rijyu-m5 | 2012-11-21 22:47 | spooks | Comments(6)
Commented by bs313 at 2012-11-22 16:40 x
内容と関係ない事ですが、ちょっと思い出したので。リチャードの出世作「North and South」の原作者はエリザベス・ガスケルで「クランフォード」と同じなんです。「N&S」にはCIAのウォーカーを演じたブライアン・プロゼローも出演しています。ガスケルの小説を読むと善人になれるそうですが、ドラマを見ただけでは私は無理でした(笑)。
Commented by rijyu-m5 at 2012-11-22 19:52
関係ないコメント大歓迎です^^いつでも何でも読ませて下さいな。
まあ!私ったら、ギャスケルのリンック貼ってたのに見過ごしてました!
してリチャードはジョン・ソートンでしょうか?

>ガスケルの小説を読むと善人になれるそうですが
クランフォードを読んだだけでも解ります^^
知っている俳優が出てるとなんか嬉しいですよね。
Commented by bs313 at 2012-11-23 02:46 x
そうそう、リチャードは主役のひとり、ジョン・ソーントン役です。
ダーシーか?ソーントンか?というくらいイギリスでは女子人気が凄いですよ。DVDなんか「高慢と偏見」と「North and South」のセットが売ってるくらいです(笑)。
Commented by rijyu-m5 at 2012-11-24 09:12
コリン・ファースのダーシーですか?マシューの方ですか?
テレビ版でしたらコリンかしら?

イギリスの女性たちの熱い眼差しですね
Commented by bs313 at 2012-11-24 17:24 x
TV版(コリン・ファース)でしたよ。本当に英国女子にはミスター・ダーシーの根強いファンが多いですね。
Commented by rijyu-m5 at 2012-11-24 20:50
bs313さん 教えて頂いて有り難うございます
Huluにまだアップされてますので 観てみますね^^