理珠(りじゅ)の部屋へようこそ

高慢と偏見

Huluで配信中 
b0274836_10163592.jpg

1995年にBBCで放送されました イギリスでは人気番組だそうです
月の砂漠のbs313さんにお聞きして 私も観てみたくなりました

高慢と偏見Wikiのリンクです
18世紀イギリス、女性が自立できる職業はほとんどなく、良い結婚相手を見付けることが女性の幸せとされた。相続財産や持参金が少ない女性が良い結婚相手を見付けることは難しく、結婚できなければ生涯、一族の居候の独身女性として過ごさなければならないため、結婚は現代よりずっと切実な問題だった。
物語は田舎町ロンボーン (Longbourn) に独身の資産家ビングリーがやって来た所から始まる。ベネット家の次女エリザベスとビングリーの友人ダーシーが誤解と偏見に邪魔され、葛藤しながらも惹かれあう様子を軸に、それぞれの結婚等を巡っててんやわんやの大騒動を繰り広げる人々の姿を皮肉をこめて描きだしている。Wikipediaより引用


小説もとても面白そうですね

と言う事で観ている最中 何と!「ジュゥリエット」も出てますよ!
別に驚く事ではないですけど MI-5に引っ掛ける私 知った顔が出ると何か嬉しい!
b0274836_21145100.jpg

ベネット家のママと次女のエリザベス(右)お世辞抜き本音炸裂のダーシーなもんでママはダーシーが嫌いです 
エリザベスの頬と鼻がメリル・ストリープにどことなく似てない?

ダーシーさんは怖くないわって・・・・ダーシーとは友人です
ジュリエット 何か野暮ったく見えてしまう・・・(私に取ってはあくまでもジュリエットです 笑)

イギリスはハリウッドに比べると 何処か野暮臭いんだけどまたそれがいい味出してます 等身大と言うか親しみやすいと言うか^^噓くさくないと言うか^^ ああややこしい!笑

そうかあ ダーシーは人気があるのかあ よーく観ます

11/29追記 この前観終わりました
コリン・ファースはこの時 35歳くらい ダーシーを演じるにはぴったりの年齢じゃあなかったでしょうか
英国女性のハートを掴んだダーシー=コリンと言う事ですね

当時のイギリスの上流階級は大きく貴族院に議席を持ち爵位を持つ貴族とそれ以外の大地主階級(ジェントリ)に分けられるが、ジェントリ階級の中でも歴史的血統、親族の質、財産などにより格の上下が意識されていた。通常の社交上の儀礼では同等とされていたが、結婚など現実問題においては、そのような格差が重要となってくる 高慢と偏見wikiより引用

初めの頃は あんまし綺麗には見えなかったエリザベスが物語が進んで行くに連れて美しくなっていきます
美しく賢い二人の姉と 三人の妹 妹たちの年齢は姉たちよりずっと幼いのでしょうね
母親が一番期待していたのが(持参金が少なくても社会的地位のある金持ち男に嫁ぐ)姉のジェーンです
彼女は母の期待通り(とは言っても本人は母親のようにガツガツしていません)青年資産家ビングリーの別荘の舞踏会に招かれた折りに 自然に二人はお互いに好印象を持ちます
そこに居合わせた ビングリーの友人のダーシーは ベネット家の娘たち(三人の妹)と母親のマナーの無さにむかつきます むかつくと言うのは私の表現です 控えめに言うと呆れたと言う所でしょうか
とにかくこの舞踏会に招かれた人々とその場の雰囲気 嘘とお世辞と見栄しかない事 空っぽの空虚な話ばかりなどに 率直なそしてかなりのプライドを持つダーシーは我慢がならなかったようです
おまけにダーシーは貴族ではないのですがもの凄い資産家です 
だから 今までも金目当てに近づく輩にうんざりさせられていたのでしょう
しかしダーシーの目は 友人と談笑する一人の女性を見た時 心に変化が起きます
ダーシーの心はエリザベスの上にピッタリと留められてしまったのです
でもそれを素直に言うには 彼のプライドが邪魔をして格下のエリザベスに親しくする事が出来ないのです
おまけに あの躾の悪い三人の娘の姉で娘の縁談の算段を大声で喋る母親の娘だとは!

それから この二人は顔を会わせば皮肉の応酬ばかり きっとダーシーはエリザベスを好きだと言う自分の心に戸惑い 腹が立ち 混乱していたのでしょう 
おまけにエリザベスは 嘘つきで女たらしでダーシーから見れば ほとんど犯罪者にも等しい男と仲睦まじいではないか!!ますますむかつくぜ!

そのダーシーが やっとエリザベスに求婚するのですが あなたは高慢だとけんもほろろに断られてしまいます
そりゃそうですよね お前の家族は躾が悪いし礼儀も知らないと言うような事を言われれば誰だってかちんと来ます 例えそれが本当でもそんな事を言われて喜ぶ者などいません

エリザベスの妹で ダンスや浮かれた事が好きなリディアが駆け落ちしてしまい 家中大騒ぎ
そんな騒ぎを影でコッソリ収めてくれたのはダーシーでした
しかし 姉のジェーンとビングリーの仲を裂こうとしたのもダーシーだったのです これも偏見と高慢からなる勝手な解釈でです が この時代の英国では身分違いの恋など成就するはずもなく よしんば成就しても不幸な結果になるだけと言うのが現実だったのでしょうけど

高慢だと言われて ダーシーは腹が立ちましたが やっぱりそれを考えてみたのですね(惚れた弱みでもあります)
そしてエリザベスの涙を見て放っておけないと リディアを探し出して駆け落ち相手ととにもかくにも結婚させたのです
この時代結婚が本人と家族の名誉を守る唯一の手段でもありました
エリザベスは 自分でも気がつかないうちにダーシーに惹かれていくのです
少しずつ芽生えたのよと姉に言っていますが エリザベスの賢い心と真実を見る目にはダーシーの本当の姿が見えていたのでしょう
物語は 大円団を迎えますが 私が三組のカップル(ジェーンとビングリー エリザベスとダーシー リディアとウィカム(これが嘘つきで女たらしでほとんど犯罪者まがいの駆け落ち相手)の中で一番面白かったのが リディアとウィカムです
この二人は根本的に似通っているのです 怠け者で楽天家 欲しいとなったら何が何でも欲しい所とか 困難を避けて通る所とか 今が良ければそれで良しとか ^^
二人は目下の所は幸せですが この先もっと年を取ってパペット家の両親がいなくなったらどうなるのだろうと お金が無くなったらどうするのだろうかと
いえいえ ダーシーが上手く面倒を見るのでしょうか 苦虫をかみつぶしたようなあの顔で?^^

一番得なのはこのカップルではないかと思った私でした 不純ですね はい解っています^^

誠実で男前 余計な事は言わない とてもお金持ち こんな男は理想です 
理想ですが 相手の女性も賢くないといけませんね 朝寝坊で怠け者 酒が好きで舞踏会好き買い物好き こんなんでは即追い出されそうです
そして こんな男がいったん女に狂うと・・・・後は転落有るのみ 痴人の愛みたいになっちまいそう 
ダーシーがエリザベスを選んで本当に良かったと思います

このダーシーが狂う所を見たいなどと言うと総好かんを喰らいそうですね 笑
 え?ダーシーは賢いからそんな女は選ばない?
そうですけど 世間じゃ良くある話で だから人生は面白く哀しいのよ

それと Mr.コリンズ パペット家には男子がいない為従兄弟である彼が財産相続者です
これがまあ 牧師なんですが凄い印象 彼のおしゃべりを聞くと一週間は耳につきます^^


[PR]
by rijyu-m5 | 2012-11-24 21:27 | 映画・ドラマ | Comments(8)
Commented by bs313 at 2012-11-25 16:38 x
てっきりご覧になった事があるものと決めつけておりました。大変失礼しました。でもこのコリンのダーシーを新鮮な気持ちで見られるのは、かなーーーり羨ましい! 恐らく女子が求める究極の夢がコリンのダーシーなんですよ。誠実で思いやりがあり男前で、そしてここ重要ですが金持ち。
ジュリエットことアナ・チャンセラーはまさにジュリエットのような底意地の悪い嫌な女を演じて巧いです。アナは私にとって「フォー・ウェディング」でクリスティン・スコット・トーマスにあひる顔(Duck face)と小馬鹿にされてたヘンリエッタなんです。ヒュー・グラントをグーでぶん殴ってたのが忘れられない。片思いが多いんですよね、アナ(笑)。
Commented by rijyu-m5 at 2012-11-26 18:11
bs313さん、どう致しまして
観た事があると思って頂けて嬉しいですよ^^
>コリンのダーシーを新鮮な気持ちで
はい 楽しんで観ます。
究極の夢ですか、成る程 誠実で思いやり尚かつ男前、更に金持ち!←(本当にこれは大事ですね!)
言う事無しですね。
ジュリエットはアヒル顔^0^ うけました!!!拍手!!
片思いが運命のような女ですのね。
Commented by bs313 at 2012-11-29 21:54 x
ご鑑賞お疲れさまでした(笑)。
少女漫画系な展開で良く出来たラブコメの古典と言ったら良いのでしょうか。嘘っぽくならないのはオースティンの人物描写が辛辣で的を得ているからだと思います。でも、究極の理想ですよね、ダーシーみたいな男は。絶対にいませんけど(笑)。
コリンが池に飛び込んでずぶ濡れになってるシーンは今や伝説になっているようです。本人は迷惑みたいですが、そのせいか映画でよくずぶ濡れにされますね。「ラブ・アクチュアリー」とか、「ブリジット・ジョーンズの日記」は続編の方だったかな。
Commented by rijyu-m5 at 2012-11-29 22:45
こんばんは〜〜もうすっかり冬モードの我が家です
>ご鑑賞お疲れさまでした ありがとうございます 笑
長いですね〜〜〜お尻が痛くなった〜〜
そうそう人物描写は的確で鋭いですね
この頃の女性に対する世間の評価とか見方って本当に堅苦しいですね
まあそれは何処でも似たり寄ったりでしょうが・・・・
パペット夫人が物を食べながら大声で娘の結婚話の所とか ピアノを弾く娘の我が道を行く感とか エリザベスの友人がMr.コリンズと結婚した後 夫が手を振った時妙な目つきで見返したり 吹き出しそうでした
>コリンが池に飛び込んでずぶ濡れになってるシーンは今や伝説
あれでまたまた素敵!ってなったんでしょうねえ 英国の女性は 笑

結構有名な英国の俳優さんが出ているんでしょうね
顔を見ても名前が一致しなくって・・・・

ダーシーの大金持ちの伯母さま クランフォードのミス.ジェンキンズさんではなかったでしょうか??勘違いかな^^
今ローマのハリーをシコシコ書いてます^^
Commented by bs313 at 2012-11-30 03:15 x
>ダーシーの金持ちの伯母、デ・バーグ夫人
TV版のデ・バーグ夫人ではなくて映画版「プライドと偏見」で演じていたのがジュディ・デンチで、「クランフォード」のミス・マティ・ジェンキンスですよ。

ローマのハリーか(笑)。公衆便所で儲けた金でコロッセオを建てた男! 息子役がジェームズ・ダーシーなのがまたツボで、どっちを見たら良いのか迷います。ピーターの御々足はなかなか筋肉質ですよね。あのおやぢ、見かけによらずかなり良いケツしてるんですよー。って、ただのエロばばあかよ・・・。
Commented by rijyu-m5 at 2012-12-01 19:58
bs313さんこんばんは
そうでしたか ミス・デボラだと思っていました^^私の勘違いでしたね。
ジュディ・ランチが映画ではイヤミな伯母さまでしたか〜〜

ハリーのおケツ、もっと若いときのでも頭は後退してたピーターが朝起きる時のいシーンで見たような^^

ジェームズ・ダーシーは 第3話のティベリアスだけだと思っていました^^
Commented by bs313 at 2012-12-02 01:30 x
私も勘違い良くあります。ジェームズ・ダーシーをウェスパシアヌスの息子役だと勝手に変換してましたしーーー。

ピーター、かなり全裸になる確率が高いような気がするんです。ウェストエンドで一糸まとわぬ本当に全裸になった最初の役者じゃないのかな。舞台の「エクウス」での出演の時です。映画版でもすっぽんぽんですしね。まーよく脱いでますよ。
Commented by rijyu-m5 at 2012-12-03 01:57
ジェームス・ダーシーも良い男ですね。

ピーターの全裸 おほほほ、そうですかウェストエンドでヌードの最初ですかぁ
エクウスって馬の目玉を潰す奴ですよね、いやだ〜〜〜><
神経が病んでる男の子の。
ユーチューブで片鱗は観ましたが。。。。リチャード・バートンも出てたですよね。哲学的で難解な感じ・・・・
ハリーはハリーでもポッターのダニエル・ラドクリフもエクウスの舞台で脱いで話題になりませんでした?
ダニエル君は一番初めのポッターがとっても可愛かったですね。