理珠(りじゅ)の部屋へようこそ

Mr.ダーシー

ちょっと偏屈で、理屈っぽく、そのくせシャイで、おまけにハンサム。

コリン・ファースは、こう言う男が良く似合う。

見逃してしまってそのままになっていた、「ブリジット・ジョーンズの日記」を何の予備知識もなく、イマジカで観たのだけど。

売れ残っている娘にいい出会い=結婚をとの親心(迷惑でもあるけど)で、ある年のパーティーで、トナカイのセーターを着た男と出会うブリジット。
b0274836_2072286.jpg

ママのプレゼントのセーターを良い年こいた男が着てる。。。。。。。
これだけで、アウトだわな。

しかし。。。。ブリジットの着ている服も。。。。ママが用意した物だけど。。。。
ブリジット曰く「カーペット生地みたい」


おまけによ、幼い日にこの男と(素っ)裸で遊んだ事が有るのだそうで。。。。。。(ブリジットは4才、マーク・ダーシーは8才)

いや〜〜〜〜こんな出会いって、出会いと言えるのかよって展開で。

そして、Mr.ダーシーの、ブリジットを好きだけど好きだと言えないジレンマが、ますます彼をして苦虫を噛み潰したようなしかめっ面にさせて行き。。。。。。

ブリジットはブリジットで、そんな彼に惹かれながらも、怒りを感じる。


この展開が、「高慢と偏見」にそっくり!!おまけにMr.ダーシーだ!!

ヘレン・フィールディングはこのドラマのファンで、コリン・ファース演じるダーシーのイメージで
このマーク・ダーシーを作り上げたのだそうだ。wikipedia参照

と、言うことで、コリン・ファースにぽ〜〜〜っとなりながら2も観るのです。

b0274836_164137100.jpg


2まで見終わったら、写真追加したくなりました。

雪のロンドン。
b0274836_0511628.jpg

パンツいっちょうで005.gifマークを追いかけたブリジット。
マークの胸に一直線!つま先立ちが可愛いな

1のエンディングはこれです。
く〜〜〜〜〜女の子だったら、多分誰でも憧れるよな〜〜〜〜〜♡♡♡
b0274836_0542284.jpg


で、ブリジットのママはmi5のコニー?タクシーの運ちゃんは、もう1人のバーナビー警部だったんだよね。
何かこう言うのって嬉しいんだな、私は。

あと写真大幅追加といきます

ブリジットを巡って、火花 モテモテですな。

b0274836_20111446.jpg

ダニエル役のヒュー・グラントとマーク・ダーシー役のコリン・ファースに囲まれて、超羨ましい!

ありのままの君が好きだ・・・・とても。
b0274836_20195752.jpg


既婚者ばかりのディナー何故か招かれてたブリジット、
既婚者ではないけれど、弁護士仲間のナターシャとカップルで来ていたマーク
(回りはカップルと思っていて、ナターシャの方もそうだけどマークの方は???
きっと、カップルではないと心で思っているはず)

ダニエルと別れたと聞いて、先に1人で帰ろうとするブリジットを追いかけて来て言っちゃったマークです。
でもまだ、好きだ=LikeでLoveとは言わないのよね〜〜〜〜本当は気づいてないけどLoveな筈だな



b0274836_20304970.jpg

この笑顔いいねえ!!!ブリジットって本当に可愛らしい、
ほおっておけない気持ちにさせる女の子ね
マークと出会ったママのパーティーでの、おばさまとママの会話を再現して笑う二人です。

何と!マークがお誕生日おめでとうを言いにブリジットのアパートにやって来たのだ!
3人の友人を招待していたブリジットは、まさかのマーク出現にビックリ!!

で、料理にてんやわんやのブリジットを助けてあげるマークなのです。

これは2のシーンですけど、とても好きなシーンです。
b0274836_2038495.jpg

僕も君が恋しいよ。。。。。

甘い一夜が明けて、出勤する二人。
幸せいっぱい胸いっぱいのブリジットは、マークの後ろ姿を見送って、携帯で、マーク貴方が恋しいとかなんとかメールしようとするんですね。
そうしたら、先に行っちゃった筈のマークが、そっと戻って来て、ブリジットの送信前のメールを読んで、耳元で僕も053.gif・・・・と囁くのです。
嬉し恥ずかしのブリジット♡
こんな事されたら、もう胸キュン×100000↑だわよね〜〜〜ずるいなあ!マーク ^^

HDDに録画して、昨日からニタニタしながら観てる私ですねん、ほとんど病気だ。

追記 とうとう2巻ともDVDも買ってしまいました。
その中でカットになった分を観て、ますます、はまってしまいました。教会での洗礼式とか、あれは切なすぎ。
ブリジットがタイで迷った気持ちがよ〜〜〜〜く解ったわ!
[PR]
by rijyu-m5 | 2014-11-02 16:43 | 映画・ドラマ | Comments(0)