理珠(りじゅ)の部屋へようこそ

<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

善き人

善き人イマジカで


英国の劇作家C.P.テイラーの戯曲をヴィゴ・モーテンセン主演で映画化。
ナチス政権下のドイツを舞台に抑圧された時代に生きるある大学教授の信念と苦悩を描くドラマ。
1930年代、ヒトラーの台頭と共にナチ党に染められたドイツ。文学教授のジョン・ハルダーは、妻とふたりの子ども、そして介護が必要な母と共に暮らしていた。ある時、ジョンが数年前に書いた“安楽死”をテーマにした小説がヒトラーに気に入られる。それをきっかけにナチ党より論文の執筆を依頼され、執拗に入党を迫られる。ユダヤ人の親友を持ち、善良な人であるジョンだったが拒みきれず遂に入党、次第に出世してゆくが…。

b0274836_1759539.jpg



ヴィゴ・モーテンセンです。
重くて暗くて。
彼の心は現実に抗いたいと熱望?している筈なのに。
表立っては、何も出来ないのです。ただただ取り込まれて運命に流されて。

ナチス党は絶対権力者 ナチスに逆らう事は、即、死を意味します。

ピアノばかり弾いている妻、かなりオツムが怪しくなっている母 可愛らしい二人の子供がいて、これが彼の家庭。

彼の心に美しい教え子のアンが忍び込み、やがては家庭を捨て、アンと結婚。


ピアノばかり弾いていた別れた妻は、下手な料理もこなす様になり、彼を彼の心を(ナチスには迎合出来ない)励まします。

親友のモーリスはユダヤ人だ。

この時代のドイツでユダヤ人であると言う事は、もうそれだけで大罪を犯した人間扱い、いや、人間以下だ。

モーリスに頼まれたパリへの切符も手配出来なかった。
いや、初めはそうだったが、彼だけは助けたい。
しかし、モーリスは事も有ろうに、ジョンの妻であるアンの警察への通報によって、逮捕され、収容所に入れられてしまう。
親衛隊の幹部(彼が望んだ訳ではないが、拒否も出来るまい?)としての地位を使って、モーリスが収容されている収容所に向うが、彼の姿は無く、そしてそこでジョンは、ユダヤ人の過酷な現実を見る。
彼の目には涙が、、、、その涙の向こうにユダヤ人たちの楽団が演奏する美しい音楽が流れて行く。

彼は卑怯か?もっと勇気を持ってレジスタンス運動に邁進すべきか。

ナチス時代のドイツには、きっと多くのジョンがいただろうと思う。

諸手を上げてヒトラーを、ナチスを歓迎したくない、これは間違っている、そう思いながら、どうする事も出来なかった、しなかった人が大勢いたと思う。

私だって。。。。私がジョンだったら、ジョンの家族だったら。。。。。
今の安定を捨てるか?家族は子供は?誰が守る?
命は何より大切だ、人の命より我が命だ、、、、、、、、後ろめたい、間違っている、私は卑怯だ、そうは思ってもそれを口には出せない、何故なら・・・・・・・。

今もこの現実が有る、今も知らない振りをしているだけ。卑怯だけど声を上げるのを憚る。。。。そんな自分を見る思いだ。

b0274836_18341096.jpg

ジェマ・ジョーンズとヴィゴ・モーテンセン。ジェマ・ジョーンズはジョンのお母さん役です。
彼女を見るのは嬉しいわ。MI5のコニーだもん♫
[PR]
by rijyu-m5 | 2015-01-14 18:39 | 映画・ドラマ