理珠(りじゅ)の部屋へようこそ

S2 第2話 「第3の男」

CIAのクリスティンと付き合っているトム・クイン 
女性と付き合っては仕事への理解が得られず 遇えなくつぶれるパターンから抜け出せそう!と喜んだのもつかの間 煩いボスにきつ〜〜〜い一言 独り身になって私の目の前に現れろ!厳命された しかもそれは軍隊での過酷な潜入捜査が終わり グリッドに帰って来た日だよ 信じられねえ!
そう ハリーはCIAには超煩い ま 他国のスパイと利害抜きで純愛なんてありえねー訳で(ハリーに取っちゃ)

でも そこは若い?二人 言う事なんか聞きゃしない

そして 寝物語に クリスティンから 情報を貰うトム

それは トップシークレット扱いで 『サメはヒースローに着く 金は用意出来たか』と言う文面で
イラク方面のある人物が 暗殺者を雇い イギリス国内で要人を暗殺すると言う事なのだ(そうだ)
おまけにこの件はCIAは仕切る MI-5には知らせるなと言うメモ

これを黙っている見過ごす事等出来ない かと言って 極秘情報なので表立って動けない クリスティンとは別れろと言うハリーには言えない

トムは嫌がるゾーイとダニーを引き込む形でヒースローに張り付いて監視
周りにはCIAがうようよ貼り込んでいる クリスティンを監視していたCIAの男もいる

やがて その暗殺者がやって来た しかし車がパンクさせられていて尾行は出来ずに見失う

CIAのデータベースにも監視役の男=ジーグラーのデータはない 極秘任務だからそうだ
どうもしっくりこないダニーとゾーイ 裏が有るのかと言う疑いも捨てきれない
クリスティンに間違えて送られて来たと言う極秘のテレックスもトムが燃やしてしまったので確かめようもない

トムをつけて行くダニー レザーショップに入ったトムがそそくさと出てくる
入れ替わりにダニーがそこを調べに入ると パスポートと金が入っている
ポール・コナーズ名義のアイルランドのパスポートで 写真はトム スロバキアへのビザもある

これは一体??????

とうとうハリーの知る所になり 一切関係するなと申し渡される
ハリーはルースに調査を命じる トムは裏切り者か?
同じ頃クリスティンも不安を抱えてトムに相談している 上司は機密漏洩を知っているはずなのに何も言わないと  漏洩したのはクリスティンなので聞く訳にはいきません 熱いトタン屋根の猫みたいですな  もう破滅やというクリスティンをトムがなだめる

トムの私宅に空港で監視中のトムに知ってるぞとばかりに手を振った男=ジーグラーが訪ねて来て 手を引け さもないとクリスティンは機密漏洩で刑務所行きだと脅かし 暗殺者の件はアメリカの問題だとトムに言い放ち大仕事はプロに任せておけとMI-5 をバカにする  MI-5とCIAは仲が悪いのだ

マルコムがCIAから盗んだ(マルコム曰く 貸しがあるんだ)超小型の発信器をジーグラーのカバンに仕込んだトムはコッソリ後をつけて行く
トムは早速ゾーイとダニーを呼び出すのだが ハリーから接触を禁じられているにもかかわらず二人はトムと行動を共にする
視界の悪い工事中の駅に入ったジーグラーは メモを残して去って行く それにはネズミは引き下がったと書いてある クリスティンの事で脅かしたら効果覿面と言う訳だ 当然トムは頭に来る

トムたちはメモからの情報を辿り 行き着いた所が田舎の農場 遇えなくそこで三人とも確保

グリッドではルースが調査結果をハリーに報告 サメはカルハリアスのニックネーム
カルハリアスと言うのはマイアミのでFBI監視下にある殺し屋でクリスティンがトムに告げた暗殺者の事だ
所が 3日前にこいつはマイアミで死亡が確認されている!
あららら〜〜〜じゃあヒースローに着いたカルハリウスは誰よってことで ここでトムの裏切りがハリーの中で確信に変わったのだ

顔色が変わったハリー ルースに「ついて来い!」
お〜〜また外のベンチ(ここはと盗聴の心配がないのですね)
そこでトムへの懸念を口にするハリー ルースはトムが?!まさか!

このシーンがとてもいいのですけど 月の砂漠さまより come Now!です話に関係ないから吹き替ではあえなくカット でもなあ〜〜〜〜

どーしてカットかなあ!ここ 怒 トムとCIAを少し端折ったらいいやん  
 

縛り上げられたトム ゾーイとダニー 
ジーグラーはまずダニーに尋問する トムはスロバキアで何を企んでいる?上手いね!ジーグラー!
スロバキアのビザつきのパスポートの件だ!ダニーは内心愕然とするのだ
ゾーイが引っ張られて行くとダニーは心配のあまり パスポートの事言っちまえとアドバイス
????ここでトムがへ?となる
何や? 何の話や? とぼけるな! レザーショップで見たんや! パスポート作ってたな お前は裏切り者や クリスティンとスロバキアへ逃げるんか!

ダニーは裏切られた哀しみでコントロール不可

トムは あれはジーグラーのカバン確かめただけやと抗弁 イマイチ説得性に欠ける感じ

自分の命より尊敬してたんやぞと(何故か大阪弁ですが)逃げるっちゅう事は暗殺に関係あるんかとなりますな

罠や これは罠やと言うトム だけど この状況ですよ 信じられますかね

やがて トムだけ拘束を解かれて仲間(ダニーとゾーイから見れば)と去って行く 裏切りもんや!となる二人です おまけに薬物で意識消失


グリッドに戻った二人にハリーがどう思うかと聞くとダニーは全てトムが仕組んだと言うのだが ゾーイは信じられない
b0274836_12272680.png

そこで衝撃的な事実が告げられる
スロバキアの銀行のロンドン支店の(トムの偽名)口座には400万ドルが3日前に振り込まれていると
暗殺を実行してスロバキアに逃亡するつもりだと言う構図が出来上がった

ハリーに言われてもゾーイはまだ信じられない トムに鍛えられたゾーイとダニーにとってトムは親のような物だろう 命を賭けてもいい程に信じていたのだから 

政府は暗殺を警戒して厳戒態勢をしいているとハリー 優秀な部下の裏切り 前代未聞ですよ
責任問題も出るでしょうよ

グリッドの地下だよね クリスティンがCIA立ち会いのもと ハリーに尋問されてます
クリスティンが受けたと言うテレックスの命令の存在は何処にもない CIAは命令を出していない
暗殺に関するサウジからウインブルドンへの電話の記録もない 無い無い尽くし
クリスティンが受け取ったイズリントンと言う会社からのテレックスの記録はある 文面はトムに告げた内容だ
クリスティンはイギリスが好きだしトムを愛しているから教えたと言うが誰も信じない 
トムを堕落させた「マタハリ」と言う訳だ(ハリーがトムに付き合うなと言った時に言っていた)
だめ押しにカルハリアスは殺され ジーグラーもいない 

トムと逃げる計画なら言ってくれと言われるけど 逃げる計画って????
・・・・・・・・・・・・・・・

そして場面は変わり朦朧としているトムの前にゲパードの12.7㎜のM1ライフルが置かれてトムはそれを触りまくる 装甲車もぶち抜けるそうだ

やがて この入念に仕込まれた計画が明かされます

ジーグラーは元CIAの凄腕のスパイの ハーマン・ジョイス 
彼の娘のリサの復讐だったのだ リサはトムにスカウトされたが 潜入の重圧に耐えられず精神を病んでしまい 薬で抑えられているか一日中叫んでいるかと言う悲惨な状態で入院生活をおくっている
この愛娘のために ジョイスはトムを嵌めたのだ 
仕上げはイギリスの要人暗殺 トムの指紋がべたべたついたM1ライフルを使用する
イラクは英国が憎い この計画のパトロンにイラクの有力者がなってくれたと言う訳だ トムは昏倒する

トムが再び目が覚めたときは誰もいない そして農家からグルッドに電話をかけるが時すでに遅し
暗殺は決行された 愕然とするトム 

ジーグラーはこの計画を3日間でやってのけます だらだら時間をかけていると嘘がばれる
暗殺まで3日と言う早業がミソ 用意は周到に 行動は素早く 

ジーグラーはCIAにはもったいないスパイだと思うよ 笑

ハリーとゾーイ ダニーを呼び出したトムに告げられた事実は ハーマン・ジョイスは5年前に死亡したと言う事実
妻も一緒に事故に会ってジョイスだけ死亡したのだ ハリーたちは妻の証言も得ている
万事休す しかしトムはこのまま汚名にまみれて生きる気はない 特殊部隊に連絡しようとするとハリーを撃って逃亡する
海岸で海を見つめるゾーイとハリーダニーの背中が痛々しい
ダニーです ハリーは撃たれて救急車でした 苦笑

はあ〜〜〜たかだか60分足らずのドラマでも文字にすると長いですねえ
これを長々と書いたのは この展開が凄く面白かったからと 次回のラストのシーンが凄く印象深いからです
次回はこれをふまえての話なのでどうしても書く必要が有りました 

ルースが泣くんです 
トムがこんな形でグリッドを追われるなんて あんな優秀なトムがですよ!ハリーの期待空しくです
ハリーの心中察してあまり有る こんな形で部下を失ったハリー トムの心中は如何に?
ハリーは撃たれた・・・・・・色々な思いが押し寄せたのでしょう 

あ〜〜  私は疲れた・・・・・・・
[PR]
# by rijyu-m5 | 2012-10-11 10:09 | spooks | Comments(2)

ルースはモグラ??(裏切り者) 私の疑問

S2の第4話  
アメリカがロシアに200億ドルの経済支援を行ったが、大物ロシアマフィアのシュヴィトコイに盗まれてしまう。ロンドン。財務大臣の顧問アマンダ、ボウマン銀行頭取リチャードはMI-5にある横領事件の捜査を依頼する 

銀行員が10億ドルを横領した  見つけてお金の回収をしてくれと

本来はスコットランドヤードがする調査なのですが 政治判断(これがいかにもあやしい)で5に回されたのだ 政府の特殊なお金を扱っているのでそこは察してくれと 秘密裏に進めて欲しいと
財務大臣の顧問まで出て来た

ハリーは不満顔 トムはその内駐車違反まで捜査しろと言われると呆れる

まあそれでもチームは 横領した銀行員のいたボウマン銀行に捜査員を送り込む事に

どうもロシアマフィアの資金洗浄が絡んでいるらしい 

所が ある日突然顧問がグリッドに怒鳴り込んでくる スパイ活動はするな さっさと捜査員を引き上げろと 
ハリーは 真相究明をする気が首相官邸には有るのかと怒鳴り返すが 顧問は譲らない

誰かが情報を漏らしている トムはコリンに頼んでグリッドの職員全員のPCを監視下に置く

暗号化されていた通信をコリンは解読  5をなめちゃいけませんぜ

b0274836_23443198.jpg


おー!!ルース!!あんたがモグラとは!!!!無邪気な顔してやっぱりスパイだったのか!!

トムは ルースを盗聴の危険の無い所に呼び出して詰問します

一回だけやと言うルースに 危険な任務に就いている職員の事を考えろと(何せ横領犯人はマフィアに磔にされたんですもん)


ハリーは私を(能力を)買っているとルースはぬけぬけと言うんですけどねえ 

トムは寝返れと言います 執行猶予にと言うトムに ルースは肩の力が抜けて本当にホッとしたようです

どうしてトムがハリーに報告しなかったのか 私は未だに解りません

スパイ行為はどうだったんだと聞くトムに 正直言って楽しかったと言うルースに何か閃いたのかも????

ハリーの耳に入ったら 多分 ルースを認めていても速攻でGCHQに送り返したと私は思います


スパイをしていても 仲間に嘘をつくのは大嫌いなハリーだからね

ルース ハリーを舐めたらあかんよ   ハリーは怖いよ


今となってはルースがここで消えなくて良かったと思うけど この話の展開は何なんだろう・・・・

うっかり誰でも信じてはいけない 諜報部と言う所は仲間でも監視し合う所だと言いたかったのかしら

なんやどうも解らん すっきりせんわ  このルースのモグラの顛末はこれっきり 誰も知らずに終わったみたい トムは自分の胸の内にしまったのね

トムが 仲間を監視するなんてと言うコリンに この仕事は楽しいことばかりじゃないと言いますが
ほんま そうやね〜〜〜〜〜〜

**********************************
追記 
ハリーは情報漏れを塞げを漏らした奴を探せと言っていた  トムは何と報告したのか?

トムがルースを執行猶予にしたのは 1自分の味方にしておきたかった?
                 2恩を売って何かの時に使いたかった?
                 3実害はない(顧問が怒鳴り込んだだけ)もう情報は漏れなしと確信したからか?
やっぱり解らんなあ

しつこく追記
この後でどの回か覚えていないんだけど トムがかなり厳しい事を作戦会議で言ってルースの事も何か言及したのを記憶してるんだけど そのときルースはじっとうつむいていた気がする・・・・・これてこの回の後だっけ????
これって釘さし????また観てみようっと

ぼ〜〜〜〜っと観てるとよく解らん展開になる 特にシーズンの初めの頃はそう
後半になると展開が荒いけどね
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
10/11 追記
bs313さんが疑問に応えて下さいました。以下引用させて頂きました

*ハリーは当初、GCHQのスパイだとルースを"That woman(あの女)と呼んで全く信用してません。ルースを作戦会議から遠ざけたりしてますし。トムは当然ハリーにルースがリーク元だった事を報告したでしょう。ハリーはトムに、ルースをGCHQからMI5に寝返らせる為に説得しろと指示したんだと思います


*「Harry's Diary」には"GCHQに対して行ったMI5の情報リークについてルースがトムに報告した内容に非常に満足している。ルースが寝返った事は喜ばしい。"とあるんです。
*ハリーはルースに会っていて"どもりがちで魅力的とは言えないが、むしろ好感を持った。機転が効き仕事熱心な彼女をセクションDに配属できるよう期待している。"と日記に書いてます。

トムが会議でルースにきつい事を言うのはS2/ep9ですね。


ハリーってば そんな事を書いていたんですね!きっとグリッでは見せない顔して書いてるんだわ!って私が興奮してどーするんよ でもカーテンのハエにでもなって見てみたいな 病気??笑
[PR]
# by rijyu-m5 | 2012-10-10 00:04 | spooks | Comments(5)

ルース

b0274836_21154083.jpgS2の第二話でルース登場です ぱっと見は・・・・・なルース

作戦会議が始まってしばらくして たくさんの資料をもって 
その登場場面が中々面白い
ハリーが彼女はGCHQから来てもらった うちの情報を分析してもらうとルースを紹介します
b0274836_1775341.jpg

あら お揃いねとか何とか言いながら いきなり資料をばらまきそうに 
メンバーはこの新参者を興味津々に観察中 早速トムが挨拶 ルースは自己紹介をしようとしますが
ハリー  後にして席に着くんだ
ルース  あら?遅刻?
ハリー  分析のプロなら分析しろ なんて下手な冗談言って笑い出すハリー
それを ゾーイはじろっと見ます ダニーも妙な目つき ^^ なんでボスはご機嫌なんだ?って感じ
ゾーイは何にも可笑しい事なんか無いわとでも言いたげ

b0274836_1717107.jpg

バーミンガムにあるモスクがどうもテロの温床になっているのではと言う情報を得て捜査しているとルースに説明
ルース モスクを閉鎖したら?
ハリー それは出来ない 内務省の問題で微妙な関係にふれない 暴動は御免だ
ルース 腰抜けね 
横のダニーがまたルースをじろっと見ます(ボスにこんな事言うのかよとでも言いたげ?)
ハリー 同感だと ルースににっこり

追記です 月の砂漠のbs313さんが教えて下さいました 
「実際の台詞は"Bugger the Home Office."なんです。日本語の字幕だとハリーは腰抜けだとルースが言ってるみたいですが実際は"内務省なんてクソ食らえ。"と言ってるんです」
「会議の席で"Bugger"を使うのもかなり大胆なので、ダニーが驚くのも内務省の事を言うなんて大胆なというのと、その言葉を使うなんて更に大胆なと、二つの意味で驚いてると思います。」
「内務省なんてクソ食らえと思ってるルースをハリーは気に入ったということでしょうか」

bs313さんありがとうございます やはりそうですよね
これからもいっぱい教えて下さいね^^

ルースのグリッドデビューはハリーの笑顔でわかるなあ053.gif045.gif

とにかくテロ教唆の証拠を見つけて逮捕しなくてはいけないのだけど 潜入は失敗に終わりガードは固く難しい
新しいエージェントが必要なんですが・・・・・・・

何日か後 また会議 エージェントは見つかりません ハリー頭痛いなあ

b0274836_1971637.jpg

ルースがノック 早速走って来ます 何?さあ?聞くだけ聞くか?ハリーとトム 期待感0!
ルース きっちりネタつかんでます 得意そうなルース 目がキラキラしてる^^
アルジェリアのスパイ情報を傍受して調べまくったルース
フランスの国防省のデータベースで調べたの OH!!それはハッキング!
国家機密を盗んだのか?と驚くハリー(ルースがやったのかと)
ええ!向こうもやってるもんとあっけらかんのルース すごい!ルースって優秀!

昨日フランスから来て警察と揉めた男は 不幸で気の毒な人よ
大学の講師だったけど左より思想が咎められて テロ組織のガージに潜入して探れと脅された
そして 全てが終わったとき 当局は彼の身分をばらした その結果ガージの報復の車爆弾で 家族を全て失ったの
彼は潜伏中のフランスよりイギリスにネタを持って来たと  俺を雇えと
エージェントとして打ってつけ 

ルースの優秀さに驚いたハリー ここまで出来るとは思っていなかった?
ハリーの心にルースが 滑り込んだ瞬間かな
ハリーは馬鹿は嫌いやね 打てば響くような才能が好き それでいてそれを鼻にかけたりちょっとでも表に出すともう015.gifアウトね 
[PR]
# by rijyu-m5 | 2012-10-09 19:29 | spooks | Comments(2)

悩みは深い

b0274836_23512439.png


ハリー・ピアース グリッドで頭抱えてます ため息が聞こえて来そうです こんな時は近寄らない方が賢い

ハリーは MI-5の最高責任者です グリッド全体を見渡せる(多分^^)長官室から目を光らせています

仕事は激務 責任は重大 最終の指示を出す時はいつも孤独感を感じるでしょう
現場のspooke達は アクシゼントが置きたときも最終判断をハリーに仰ぎます 瞬時に判断して指示を出さなくては行けない 
大概 机の上の計算通りになど終わるはずがないのだ

それが 時には間違った情報に基づいているかもしれない この判断でいいのだろうか?????

しかし そんな事よりもっと頭の痛い問題が有ります
しれは 政府の問題 

政治家はだいたいに置いて 身勝手です
MI-5は 内務省の管轄下にあります ハリーの上司は内務大臣です 情報を吟味し 報告しなくてはなりません 駆け引きだって上手くやらなくっちゃいけない!!

英国と アメリカ ロシア 中国 中東の国々・・・・国家の利益と体面 あれやこれやムチャクチャ
諜報活動に不備が有れば それこそ 集中砲火です

各国諜報合戦です そして その情報を元に裏で取引 表で取引 汚い手のあれやこれや
もちろん 英国も相当な手を使っています と断言^^

加えて MI-6にも油断がなりません ナイーブでは居られません 

情報を教えろ 手を貸せ 色々な要望がセクションDに入ってくるのでしょう

いちいちまともに相手をしていられません しかしそう無下にも断れない事も有りますよね〜〜〜
長官は 相当な政治力も必要です 

ハリーは国家のためにそれが必要となったらどんな手でもすまして使うでしょう 基本的に汚い手は嫌いでしょうがね。。。。。そうも言ってられない所が辛い
 
女王陛下と国家に仕え国民の安全を守る事が使命です

b0274836_0164524.png


賢く 狡猾に しかしスマートに そしてタフであるべし しかし独善的ではいけない そう ハリーが絶対正しいとは限らない
誠実さと温かさを忘れちゃいけないのよね そして口は堅く有るべし そうね?ハリー?
[PR]
# by rijyu-m5 | 2012-10-09 00:25 | spooks | Comments(8)

シーズン1

長くなりますが spooks シーズン1の第一話を書いておきましょう

Huluの番組紹介を引用します
英国アカデミー賞ベスト・ドラマ・シリーズ賞ほか多数の受賞履歴を誇る大ヒットスパイアクション。イギリス国内の治安保持の重責を担う情報機関であるMI-5(イギリス情報局保安部)で日夜、テロリストや反政府活動に対して諜報活動を遂行するメンバーたちの命懸けの活躍を描く大人気シリーズ。MI-5やCIA、KGBの元諜報員などへの徹底した取材により描かれる内容は超リアル。諜報員たちは別名「スプークス(ゴーストたち)」とも呼ばれている

ロンドン テムズハウスにMI-5の本部が有ります
本物のMI-5とはどういう所かwikipediaのリンクを見て下さい

b0274836_1431744.jpg

 
上が全体写真 この真ん中辺り?がそうでしょうか 下はテムズハウス正面です

さて記念すべきspooksのシーズン1です
b0274836_1329266.jpg

MI-5の長官 ハリー・ピアースが率いる精鋭です 左から ゾーイ トム ダニー トムはリーダーです
もちろんこの三人の他にも グリッドには個性的な諜報員たちがいます マイケルとコリンです
そして 他にもたくさんの諜報員がハリーの指示下 色々な作戦を実行中です (当たり前^^)
上の三人を軸に 物語は展開します エピソードは1から6まで

電話がグリッドのセクションDに入ります セクションDとは ハリーたちの所属するMI-5の課です
それを待機している電話係の部員が皆に電話で伝えます 
それは『オスプリーよりフラッシュ ページN5 ゾーン・ワン』???何のこっちゃ???と観ている方は思います^^ それは暗号です 


この電話を受けて ダニーが連絡場所(多分 セーフハウス?)に向かいます
そして慌ただしくやってくる情報源に合図します それは新聞をゴミ箱に投げ入れるのです
ダニーに続いて家に入る女性 彼女が情報を持って来たのです
ダニーはボスまで叩き起こしたんだ 一体何事だと聞きます

IRAから20個の爆弾がリバプールに持ち込まれたと 朝の二時半に
しかし 私たちの組織はこれには関係していないと しかもその20個に爆弾が今何処に有るのか聞いていない 解らないと!!!

その頃 リヴァプールのアラートン地区ではごみ収集のサービス中です
男はゆっくりとゴミ袋を集めています
家の住人が出て来ます 子供が送りに出て来ます
路上の一台の車には目つきの鋭い中年女性が乗っています 彼女は携帯電話を取り出しました
家の住人はエンジンをかけ家からゆっくりと車を出します
さっきの男は 黒いゴミ袋を道に放り出します その姿がバックミラーに映ります
男はゆっくりと煙草に火をつけます 車の女はメールを送信します
瞬間 住人の乗った車はボン!!爆発です
一連の画像がスローで流れます


テムズハウスでは朝の出勤風景です 見学の一般市民にレクチャーを行う職員が見えます
トム・クインに続いて ボスのハリーがテムスハウスに来ます
ハリーはここで一くさり 「テロの脅威にイスラム過激派 中東方面にに目を奪われていた隙に
古い敵が動き出したのか?」
英国はIRAと非情な戦いをしましたからねえ
私たちはここでハリーに説明を受けるんですね^^

ハリー 『誰がフラッシュメッセージを出したんだ?』
トム  『ジェドです ダニーがオスプリーを保護しました』

もうグリッドにいるゾーイがトムに言います リヴァプールで今朝爆発があったと

爆死したのは患者が望まない妊娠の中絶手術を続ける女医です 過激派団体から脅迫も受けていました
夫と子供たちの目の前で爆死 しかも 子供のうちの一人は巻き添えで重体です 後に死亡

グリッドでは早速情報を集めます そして作戦会議です
使われたのは情報源が言っていた爆弾か?!
パイプ爆弾は3個だけ 残りはプラスチック爆弾だと情報が新たに入ります
トムは 戦争だと言います 破壊力が凄まじいのです

犯人を特定して逮捕 爆弾を押収しろ!!時間はないぞと言う訳です

監視カメラの映像を全て集め手がかりを探します 

やがて妊娠中絶は絶対悪との主義を掲げ テロを正当化する活動家メアリー・ケインの犯行と判明
彼女は危険人物として入国禁止です しかしフランスから偽造パスポートで入国した事が判明
見逃したGCHQにトムはお冠です

会議で 意見も疑問も出し尽くし そうして犯人に迫って行きます



何故?英国にいる? そんな事解りませんなどと言おう物なら?ハリーにどやされる!!首になる 笑

クリニック爆破事件で被告人不在のまま有罪にりFBIから逃げたメアリーはイギリスの過激派に呼ばれた 何故なら爆弾のプロだから

メアリーは 一発めで論争を巻き起こし 二発めは夫に捧げるのか????

メアリーの夫のポールも同じ活動家でフロリダ州で中絶を行う医者を射殺して今はアメリカで死刑を待つ身です 

アメリカの標的は組織のウェブサイトに個人情報を詳しく載せられていて 暗殺を実行したら×が付けられるのだとか
英国にもそんなウェブサイトが有るのだろうと それを突き止めろ!!!

メアリーは15歳のとき虫垂炎で入院 その時に妊娠が解って中絶されています
25年後 メアリーの最初の標的はその医者だったと言う事まで突き止めて行きます
こうして犯人の生い立ち 特徴など個人情報を探して行きます そこに犯人を理解し 逮捕に繋がる何かを求めて
メアリーは夫の影響でこうなったのでしょうか?

MI-5は 次の標的を割り出し ゾーイがその女医に成り代わり 囮になります

メアリーとSpooksの出し抜き合いも面白いです

爆弾テロの一歩手前でメアリーを拘束し 残りの爆弾の在処を吐かせるトムの尋問が冴えます

死刑のない州への引き渡しを約束して 爆弾は無事に回収 その後メアリーはCIAに引き渡されます

もちろん 死刑制度を廃止していない州で裁判が行われます 信義に劣る?引き渡した以上決定権はCIA=アメリカに有ります

騙したのね メアリーは低く呟くのです
 
そうスパイの言う事を信じたあんたが馬鹿なのさってことです

彼女は妊娠しているのです しかも夫の子ではない

死刑をもう今日明日にも控えた夫にその事を聞かそうかとトムは脅かします

彼女はそれは絶対に避けたい しかし中絶は悪だから生むしかない 死刑にならず 子供も生みたい

では??取引に応じるしかない メアリーは同士を裏切り信念も捨て 取引します

これもねえ メアリーの身になって考えたら・・・でも!それじゃあドラマになりませんやん! 

因果応報ですな

メアリーは主義のためなら 巻き込まれた子供の犠牲は仕方がない 私たちの主張を理解しない女医が悪いと言う主張です

メアリー役の女優の冷たい目が 狂信的な過激派らしくとても良かったです

夫の死刑執行時間に 密かに泣く彼女も良かった

にも増してspooks達が 国民の安全のため総力を挙げて 捜索するシーンがとても見応えが有ります

無事に解決して天敵のCIAにも足下を見られる事無く グリッドから指示したハリーは安堵します

長々と書きました これを書くためにもう一度S1/ep1を見直しました
だけど S1は観るのが苦痛です 何故か・・・・・・・
b0274836_12311195.jpgそれは このシーズンの主役のトム・クインの恋人が非常にうざいからです!!
物語には何ら影響無しだけど 山猫みたいにしょっちゅう唸っています 文句たらたら しつこい 
話の展開が良い分 彼女が出るといらつきます ワンシーズンだけで彼女は去ります 
多分 批判ブーブーだったからよ 決めつけときます
[PR]
# by rijyu-m5 | 2012-10-07 14:02 | spooks | Comments(0)